令和元年 九州レディースソフトテニス選手権大会 帯同報告

2019/11/30

会 期 :2019年11月2日(土)~11月3日(日)

会 場 :鹿児島市東開庭球場 (鹿児島県 鹿児島市)

帯同トレーナー :髙司博美

          (理学療法士、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナ)

各年代ごと、その年齢にあったコンディショニングも必要でした。
日常とは違い勝敗に集中することとあわせて、生涯スポーツとしての楽しみ方もそれぞれの方が持っており、人生の楽しみ方も勉強になる2日間でした。                                     《後記:髙司 博美》

 

第23回 全日本シニアソフトテニス選手権大会 (ダブルス60女子) 帯同報告

2019/11/22

会 期 :2019年9月14日(土)~9月15日(日)

会 場 :福知山市三段池公園テニスコート(京都府 福知山市)

結  果 :優勝

帯同トレーナー :髙司博美

          (理学療法士、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナ)

暑熱下の環境の中、2日目は連戦という過密なスケジュールの中、コンディショニング調整には苦慮しましたが、選手の精神力と技術は素晴らしく、優勝という結果を残しました。準備と日常の大切さを、改めて感じた大会でもありました。
                                                                         《後記:髙司 博美》

 

令和元年スポーツ医科学研修講座 講師のご報告

2019/11/29

日  時    2019年 11月16日(土)  19:00~21:00

会  場      宇佐市立和間小学校体育館

演  題  スポーツをする子ども達のための体づくり

講  師  理学療法士 高司 博美 (日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

成長期においては、急激な身体の変化に伴い、スポーツ傷害も起こしやすい時期です。スポーツ活動中の痛みや、けがの予防のために、どのようなスポーツ障害があるのかを知り、日頃どのようにコンディショニングをすべきか、自分の身体と向き合う機会になればと思います。   《後記:髙司 博美》

令和元年度チーム大分ジュニアアスリート発掘事業 育成プログラム 講師のご報告

2019/11/22

会 期:2019年6月8日(土)14:50~15:30

会   場:別府大学

演 題:知的プログラム 『発達とスポーツ障害について』

講 師:理学療法士 高司 博美 (日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

成長期においては、急激な身体の変化に伴い、スポーツ傷害も起こしやすい時期です。スポーツ活動中の痛みや、けがの予防のために、どのようなスポーツ障害があるのかを知り、日頃どのようにコンディショニングをすべきか、自分の身体と向き合う機会になればと思います。   《後記:髙司 博美》

平成30年度 宇佐市スポーツ指導者育成講習会委託事業 講師のご報告

2019/11/22

会 期:2018年11月30日(金)19:00~

会 場:NPO法人総合型地域スポーツクラブ わっしょいUSAクラブ クラブハウス

演 題:スポーツで生き抜く力をつける子育てセミナー    

                                                  ~子どもの夢を応援したいあなたへ~

講 師:理学療法士 高司 博美 (日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

スポーツにより、健全な身体・精神が養われることは言われている事ですが、社会環境や、スポーツの環境も変化する中で、子供に、大人がどう関わっていくことが健全育成につながるのかを考えていく時代になったと思います。理学療法士、アスレティックトレーナーとして、スポーツを楽しみ、また勝敗にもこだわりをもつべく、身体のコンディショニングの作り方、食事や休養の取り方など日常の大切さも意識してもらう機会になればと思います。《後記:髙司 博美》

令和元年度 宇佐市スポーツ指導者育成講習会委託事業 講師のご報告

2019/11/21

会 期:2019年8月30日(金)19:00~

会 場:NPO法人総合型地域スポーツクラブ わっしょいUSAクラブ クラブハウス

演 題:スポーツで生き抜く力をつけるプロジェクト

~子どもの夢を応援したいあなたへ~

宇佐市での2回目の講習会でした。初めての方も2回目の方もいらっしゃいましたので、基本を押さえた上で、新たな情報も交えながらお話しさせて頂きました。大人は見守りつつも適切なアドバイスをしていただき、子どもは自分の体は自分で責任を持てる自立した選手に育って行けるよう、少しでもお役にたてればと思います。

                                                                                                     《後記:髙司 博美》

 

講 師:理学療法士 高司 博美 (日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

平成30年度 スポーツ医科学研修講座 講師のご報告

2019/11/22

会   期:2019年11月16日(土)10:00~11;30

会 場:朝地公民館ホール

演 題:スポーツ外傷・障害予防のコンディショニング

講 師:理学療法士 高司 博美 (日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

特定非営利活動法人朝地フレンドクラブ主管で、クラブ会員、スポーツ少年団、指導者、地域住民の方々と、小学生から中高年まで、幅広い年齢を対象に、それぞれの 年齢に気を付けておきたい、また必要な身体的特徴、身体活動についてお話させていただきました。実技も行っていきましたが、特に中高年の方々の動きはバランスよく、姿勢も良く日頃からからだを動かすことの大切さを改めて感じました。

                                                                                                         《後記:髙司 博美》

第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体2019)帯同報告

2019/11/2

競技:サッカー

種別:少年男子

日程:令和元年9月29~30日

会場:鹿嶋市高松緑地公園競技場

鹿嶋市新浜緑地競技場

帯同トレーナー:横井 雄弥 (理学療法士)

吉田 渉  (理学療法士)

結果:            対 京都府    2-1 ○

           対 広島県    1-1 ●

                  PK(2-4)

目標としていたベスト8まで、もう一歩でしたが、大きなケガや体調不良もなく大会を終えられることが出来て良かったです。今回の帯同で得た貴重な経験を今後に活かしていきたいと思います。                                 (横井)

本国体では、惜しくも国体での得点をとることはできませんでしたが、選手の頑張る姿勢が今回の結果に繋がったと思います。連日の試合で選手のコンディショニングを行なう事の難しさを改めて感じました。今回のトレーナー経験を今後の糧にしていきたいと思います。  (吉田)

第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体2019)本部帯同報告

2019/11/2

日  時:2019年9月27日~9月30日

会  場:茨城県各地

報告者:医療法人 大場整形外科 院長 大場俊二

国体には本部帯同役員として参加しました。

女子サッカーは京都に1-0で競り勝ち、ベスト8(ポイント20)

新しい歴史を作ってくれました。

県サッカー協会の地道な育成が実ったもので

今後、益々期待が持てると感じました。

                ≪後記:大場 俊二≫

第74回国民体育大会(いきいき茨城ゆめ国体2019)本部帯同報告

2019/11/1

競技:本部帯同

場所:茨城県(各競技会場)

帯同トレーナー:大分県体育協会本部帯同

日本スポーツ協会AT 健康運動指導士 川野 達哉

本部帯同トレーナーとして茨城国体に致しました。ウエイトリフティング競技・アーチェリー競技・ハンドボール競技・ボート競技を視察・激励させて頂きました。初めて間近で見る競技もあり,競技のルールや競技特性・選手に求められる体力要素など、トレーナーとして大変勉強になりました。また、選手が諦めずに郷土の為に、最後まで戦う姿にとても感動しました。                                                 

《後記:川野 達哉》