理学療法士 募集要項

■医療従事者の方へ(院長挨拶)

doctor院長 大場俊二

当院は平成元年(1989年)開院以来

①スポーツ整形外科としての専門的診療
②地域に根ざした整形外科・リハビリテーション診療

を掲げ、日々努力を重ねています。

①スポーツ整形外科としての専門的診療

MRI、CTなど充実した設備のもと、早期診断から治療、リハビリテーションによる早期復帰を目指した一環診療を行っています。手術は専門医による最新の関節鏡視下手術を、そして、日体協公認AT、理学療法士によるアスレティックリハビリテーションを行い、日々最新の技術を修得、実践できるよう取り組んでいます。
また、「腰椎疲労骨折」に代表される学会活動、大分県サッカー協会、大分県体育協会、
大分県スポーツ学会をフィールドとしたアスリートに対するメディカル・サポートを
実践、スポーツ選手、関係者の期待に応えるよう努力し、今後もその内容を全国に発信
します。

 

②地域に根ざした整形外科・リハビリテーション診療

一般的整形外科疾患に対し、正確な診断のもと運動療法を中心とした治療を行っています。
42条施設として、「大分スポーツリハビリテーションセンター」を有し、エクササイズフロア、各種トレーニング機器、人工芝ピッチを使った効果的運動療法を行っています。
ロコモティブシンドローム、介護予防運動など今後益々その需要は高まり、社会のニーズに応えるべく、日々最新の医学的知識、技術の向上に励み、患者さんの信頼を得るべく努力しています。

 

是非、医療資格を取得した皆さんは、その資格を活かし、多くの患者さんに感謝され、プライドを持って日々、人生を歩めるよう、一緒に頑張ってみましょう。
■大場整形外科 リハビリ部門理念

リハビリテーション科全スタッフは 『Patient First 』 の精神をモットーに常に患者さんに寄り添い、患者さんのために、向上心を持って学び、治療に専念してまいります。

■理学療法士長からのメッセージ
staff_b_01

当院は整形外科全般の診療所で、特にスポーツ整形を専門としており、併設する大分スポーツリハビリテーションセンターも利用したスポーツ傷害診療とリハビリテーションに特徴があります。
また、介護予防、転倒予防や特定保健指導、スポーツ傷害防止など予防医療にも積極的に取り組んでいます。
週に1回、リハ科の勉強会や、院内全体の勉強会も行っております。学会の参加についても施設からの支援体制が整っており、積極的に参加し、発表活動も行っております。

理学療法士長  髙司 博美

■先輩の声 入職して3年目の感想

私は入職3年目になりますが、数多くの患者さんを担当させて頂いています。子どもから高齢者、スポーツ選手など数多くの患者さんと関わることが出来るため、理学療法士という仕事の難しさや楽しさ、やりがいを日々、感じています。また、入職早期から学会発表やトレーナー活動など、院外での活動も多く経験させて頂いています。自分が興味のある分野の勉強や研究も積極的にさせて頂くことが出来るため、非常にやりがいを感じながら仕事に取り組む事が出来ています。

                         2015年 就職  理学療法士 伊東 健太

 

■募集要項

職種 理学療法士
給与 当院規定により優遇
休日 年間105日、有給休暇、育児休暇、その他有り(夏休み長期休暇など)
待遇 マイカー通勤可、通勤手当
賞与年2回、昇給年1回、各種保険完備
有資格者は経験を考慮した手当て有り、その他各種手当て有り
独身寮あり
学会・研修会参加について病院より支援体制あり
その他 アスレティックリハビリテーション、介護予防、生活習慣病など各年代、疾患に応じた運動療法を行っております。
担当者 リハビリテーション科マネージャー 藤野
連絡方法 電話連絡の上、履歴書(写真添付)を郵送またはご持参下さい。
後日面接日程をご連絡いたします。