腰椎疲労骨折

当院では成長期スポーツ選手の腰痛の原因となる腰椎疲労骨折の研究を平成8年から行なっており、各学会や講演会などで数多く発表しています。また、その診断・治療を専門的に行っています。

腰椎疲労骨折とは・・?

sekitui 腰痛の診断で、腰椎分離症という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
分離症とは椎弓の一部が既に離れてしまっている状態です。離れてしまうと、偽関節となり再度癒合することは難しく、すべり症を引き起こす原因となったり、将来的に変形がひどくなる可能性があります。
tuitai
腰椎疲労骨折とはまだ分離する手前の段階で、レントゲン上でははっきりわかりませんが、MRI検査やCT検査によって診断がつきます。
適切な治療により、癒合する可能性があります。
癒合するかどうかの早期診断が、分離症を防ぎスポーツ選手の今後に大きく影響します。

どのように診断するの・・?

レントゲン検査

まず、レントゲンを撮影します。腰椎疲労骨折の段階でははっきりとした分離は認められません。
やや椎弓根部が硬化したり、細くなっているようにみえます。
xp_oblique-right xp_oblique-left

MRI検査

レントゲン上で疲労骨折が疑われると、次にMRI検査を行います。疲労骨折が起こっている部分には、高輝度所見(白く写る所見)が認められます。これらの所見が認められ、腰椎疲労骨折と確定診断されます。
mr_coronal mr_axial

CT検査

腰椎疲労骨折と診断された後、CT検査にて疲労骨折の程度(進行度)を調べます。
程度により、使用するコルセットが決定します。
ct_axial ct_saggital_l ct_saggital_r

どのような症状があれば病院へ行くべきなの・・?

腰椎疲労骨折のチェックポイント
attsuu koukutsu kaisen
  • 1.腰の骨を押さえたときに痛みがある
  • 2.腰をそらせたときに痛みがある
  • 3.腰をひねったときに痛みがある

腰痛が4日以上続き、上記の症状がある場合は早めに専門医を受診しましょう。

当院では医師の指示のもと、理学療法士が運動機能の評価をしたうえで、必要な運動療法を指導しています。お気軽にご相談ください。