メディカルマネージャー

メディカルマネージャーとは

 スポーツ障害防止のために、選手の健康管理や指導者のサポートを行う人のことです。 また、医療サイド(ドクター・トレーナー)との橋渡しをします。選手の健康管理を行うために具体的な内容として、ヘルスチェックシートと外傷・障害レポートの入力・管理をします。対象としてコーチや保護者、選手、マネージャー、医療従事者など幅広い方が取得できるものになっています。

 

主旨

 スポーツ活動において、医・科学の知識や情報の欠如、あるいは誤った認識のよりスポーツ外傷・障害が多く発生しており、その対処が求められています。現在では、日本代表やトレセン、いくつかのチームにはトレーナーを配置しているが、多くのチームは、トレーナーを配置できないのが現状です。そこで、スポーツ障害の防止のために、スポーツ医科学の正しい知識を身につけ、選手の健康管理やスポーツ現場の対応を行うメディカルマネージャーの育成を行っています。

 

メディカルマネージャーになるためには

現在、(NPO)日本メディカルマネージャー協会主催のメディカルマネージャー養成講習会と(一社)大分県スポーツ学会主催のスポーツ救護講習会にて修了となります。認定を受けるためには、上記の講習会を受け、実際にチームでヘルスチェックシート、インジャリーレポートの作成を行い、選手の健康管理を行います。

 

お問い合わせ

TEL:097-556-1311 (大場整形外科)

FAX:097-556-1375

Mail:m-mane@ohba-clinic.jp

担当:牧・伊東・中村

ご不明な点がございましたら、気軽にお尋ねください。

 

リンク

 ・日本メディカルマネージャー協会 ホームページ

 ・大分県サッカー医学委員会 ホームページ

 ・大分県スポーツ学会 ホームページ

  • メディカルマネージャー