大分県スポーツ学会 学会賞受賞のご報告

2017/12/18

大分県スポーツ学会 第9回学術大会 にて学会賞を受賞しました。

会 期:2017年12月3日(日)

学会名:一般社団法人 大分県スポーツ学会 第9回学術大会

受賞者: 河野 吉喜(健康運動指導士)

演題名:「中学生における体幹保持機能と成長期スポーツ障害の関係」

 

 当院では地域の中学校や高等学校と協力しながら体幹保持機能に着目した傷害予防の取り組み・研究を行っております。今回は、「中学生における体幹保持機能と成長期スポーツ障害の関係」について発表しました。このような賞を頂き大変光栄に思います。今後も患者さんや地域の方々に還元できるように活動・研究を続けていきたいと思います。       <後記:河野吉喜>

 

牧第一公民館での体操教室講師のご報告

2017/12/18

 会 期:2017年11月21日(火)

会 場:牧第一公民館

テーマ:「骨折リスクを把握しよう!~骨粗鬆症の予防・治療介入の啓発~」

講 師:健康運動指導士 相馬 大樹

 

 

 今回のテーマは、当院にて取り組んでいる骨粗鬆症リエゾンサービスの一環で、地域住民の方々への骨粗鬆症治療の啓発を目的に設定しました。リエゾンとは「連絡係」と訳され、診療におけるコーディネーターの役割を意味します。その目的は、最初の骨折への対応および骨折リスク評価と、新たな骨折の防止、また最初の脆弱性骨折の予防になります。教室では、アンケート(FRAX)を用いた骨折リスクの把握や、転倒予防を目的とした運動を行いました。参加者の方々は、自身の現状に不安を感じつつも、楽しく前向きに取り組まれてました。               ≪後記 相馬 大樹≫                                                                    

                         

第28回 日本臨床スポーツ医学会学術集会 発表のご報告

2017/11/28

期   日 : 平成29年11月19日(日)

会      場 :  国立オリンピック記念青少年総合センター

演   題 : 大分県サッカートレセン女子への栄養サポート実践報告と今後の展望

発 表 者 : 寺山 絵未

 

 

 今回、大分県サッカートレーニングセンター 女子選手に対する2年間の栄養サポート活動をまとめ、発表致しました。発表を通じて、管理栄養士のスポーツ現場での役割と責務を見直す貴重な機会となりました。今後の活動に活かし、スポーツ選手の身体づくりや良好なコンディション管理に繋がる栄養サポートに努めたいと思います。

                              ≪後記:寺山 絵未≫

平成29年 健康教育研修会講師のご報告

2017/11/10

   平成29年 健康教育研修会

期日:平成29年10月13日(金)

主催:大分市教育委員会

対象:大分市内の養護教諭

場所:大分市教育センター 302研修室

テーマ:「スポーツと運動器疾患」

    障害予防(疲労骨折・野球肘等)

       講師 大場整形外科 院長 大場 俊二

    アイシング及びテーピング(実技)

       講師 大場整形外科 健康運動指導士 日体協AT 川野 達哉

 

 

大分市教育委員会の企画で市内小中学校の養護教諭約30名を対象に講習を行ないました。この取り組みを通じ、子供達の健全育成に寄与する事が出来れば幸いです。

                             (後記:大場 俊二)

 

 

 

今回初めて養護教諭の方を対象とした、健康教育研修の実技を担当させて頂きました。参加者はアイシング・テーピングの実技に熱心に取り組んでおり、多くの質問を頂きました。このような知識・技術が学校現場に普及し、子供達の傷害予防や健全育成に寄与する事を願います。

                                (後記:川野 達哉)

 

 

 

 

 

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(軟式ソフトテニス競技)帯同報告

2017/11/12

 大会:平成29年度第72回国民体育大会(愛媛)

期間:平成29年10月8日(金)~8月9日(日)

場所:今治市営スポーツパークテニスコート

帯同トレーナー:河村枝里 (健康運動指導士) 

結果:ベスト16

 

 

今回初めて国体帯同をさせて頂きました。神奈川県と対戦し1対2で敗れました。試合の開始時間が1時間半遅れとなり選手のモチベーションやコンディションの維持の難しさを感じましたし、選手や会場の緊張感など日頃経験しないことを味わうことができました。今後もトレーナー活動で学んだ事を日常業務でも活かしていきたいと思います。

                            《後記:河村 枝里》

 

 

 

 

                                                                                                  

 

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(自転車競技)帯同報告

2017/11/6

帯同報告 : 種目 自転車競技

大会名:愛顔つなぐえひめ国体

日  時:平成29年10月2~5日

会  場:松山中央公園多目的競技場(松山市)   大三島しまなみ特設ロード・レース・コース(今治市)

結  果:チーム・スプリント     4位(少年、成年混合)

      1kmタイムトライアル   6位(成年)

     スクラッチ                 3位(成年)

     スプリント        4位(成年)

     ケイリン                                           優勝(少年)

     ロード・レース            6位(成年)

                     総合順位                         6位

報告者 :理学療法士  小樋 雅隆  

 

 今回は自転車競技の少年・成年の国体に初めて帯同させて頂きました。選手とコミュニケーションを取るうちに、最初は気になるところがほとんどないと言っていた選手が詳しく聞いていくと『そういえば、ここが痛くなることがある』『今まで気が付かなかったけど、ここが少し気になる』と言ったように少しずつ体調を教えてくれる、もしくは一緒になって自分の身体の状態を共有できるような関係作りが出来ました。今後の課題として、痛みや不調があっても生活や練習に支障が無ければ『大丈夫だろう』と放置してしまっている選手が何人もいたので、トレーナー活動を通して、早期に傷害予防が出来る環境を作ることが大切だと感じました。

                                                                                                    ≪後記:小樋 雅隆≫

 

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(本部帯同トレーナー)帯同報告

2017/11/6

大会:第72回国民体育大会(2017 愛顔(えがお)つなぐ愛媛国体)

期間:9/29(金)~10/2(月)

場所:愛媛県(各競技会場)

帯同トレーナー:大分県体育協会本部帯同 日体協AT 健康運動指導士 川野 達哉

 

 

昨年に引き続き本部帯同トレーナーとして、愛媛国体に参加させて頂きました。開会式の入場行進や硬式テニスや自転車競技・なぎなたなど様々な競技を視察し激励をさせて頂きました。また、競技特性や選手を取り巻く環境の違いなど多くの事を学ぶ事が出来ました。国体期間中に選手がより良い環境でプレー出来るよう、各競技の帯同トレーナーや関係者との連携体制を、より良いものしていきたいと思いました。                《後記:川野 達哉》

 

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(サッカー競技) 帯同報告

2017/11/6

帯同報告 :サッカー(少年男子)

大会名:愛顔つなぐえひめ国体

日  時:2017.10.1(土)

会  場:西条市ひうち陸上競技場 (西条市)

結  果:大分 1―7 千葉

報告者 :藤野 毅 (理学療法士)

 

 

今年度のサッカー少年男子には2名体制で関わりました。

今回サブとして、帯同ではチームに長く関われていませんでしたが、短期間の中でもしっかりケアは出来たと思います。今まで一人体制でチームについていましたが、2名いることで選手にできるケアの幅が広がると感じました。                        

              ≪後記:藤野 毅≫

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(相撲競技) 帯同報告

2017/11/6

帯同報告  : 相撲競技  少年男子・成年男子
大 会 名   :第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体
競 技 日   :平成29年10月5日〜10月8日
会  場    :乙亥の里 乙亥会館(西予市)
帯同トレーナー :相馬 大樹(大場整形外科:健康運動指導士)
結  果    :少年男子:第10位 成年男子:予選トーナメント敗退

 

 

 今年は選手のコンディションも良く、予選も順調に勝ち上がりましたが、決勝トーナメント中に脳震盪の選手が出てしまうという事態となりました。現場の医師や看護師の協力のもと適切な処置が行えたおかげで大事には至りませんでした。相撲競技はスポーツ外傷が発生しやすい競技の中の一つですので、いかなる事態にも瞬時にそして適切に対応できるよう、今後もトレーナーとしての研鑽を絶えず行おうという強い気持ちになりました。

                                                                                                                                                          ≪後記:相馬 大樹≫

第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体(カヌー スプリント競技) 帯同報告

2017/10/19

帯同報告  : カヌー スプリント競技 成年女子・少年男子・女子
大 会 名 :第72回 国民体育大会 愛顔つなぐえひめ国体
競 技 日 :平成29年10月1日〜10月4日
会  場 :鹿野川湖特設カヌー競技場(大洲市)
帯同トレーナー :河野 吉喜(大場整形外科:健康運動指導士)
結  果 :
成年男子 カヤックシングル200m 1位 
成年男子 カナディアンシングル 200m 準決勝敗退
少年男子 カヤックシングル 200m 準決勝敗退
少年男子 カヤックペア 200m 2位
少年男子 カナディアンペア 200m 3位

成年男子 カヤックシングル500m 9位
成年男子 カナディアンシングル 500m 準決勝敗退
少年男子 カヤックシングル 500m 準決勝敗退
少年男子 カヤックペア 500m 失格
少年男子 カナディアンペア 500m 2位

 

 国体という大舞台でカヌースプリント競技では4種目入賞という素晴らしい結果を成し遂げました。なかでも成年男子カナディアンシングル200mでは、万全なコンディションでなかったにも関わらず、大分県勢として初めて国体での優勝を手にすることができました。このような素晴らしい選手たちのサポートを通し、大変貴重な経験をさせて頂きました。来年はさらなる飛躍に向け、サポートをしていきたいと思います。   ≪後記:河野 吉喜≫

 

1 2 3 4 5