令和元年度 第22回 大分県理学療法士学会発表のご報告

2020/02/20

期 日 :2020年2月2日(日)

会 場 :別府 B-Conプラザ

演 題 :骨粗鬆症患者に対する当院の関わり

発表者:小樋 雅隆 (理学療法士)

 

初めての大ホールでの口述発表でしたが、無事に発表を終えて質問にもしっかり答えることが出来ました。全体の発表を通して、当院以外でも市や行政と協力して動画配信や健康教室を実施している施設があることがわかったので、今後の活動の中で情報共有が出来ればと思いました。
                                 ≪後記:小樋 雅隆≫

 

演 題 :大分県サッカー協会医学委員会における育成年代への医学的サポート

発表者:横井 雄弥 (理学療法士)

 今回は、大分県サッカー協会医学委員会からの発表ということで、今までの発表とは違って委員会の概要や取組みの発表は新鮮で、県内の理学療法士に向けての良いアピールの機会になったと思います。今の県内病院のリハビリの取り組みや地域包括支援などの地域との関わりを知ることが出来、充実した学会発表となりました。

                                  ≪後記:横井 雄弥≫

 

演 題 :当院における成長期スポーツ傷害のアスレティックリハビリテーション

発表者:佐藤 友樹 (理学療法士)

 今回初めて学会発表で参加させていただきました。当院の強みでもあるアスレティックリハビリテーションを他院の理学療法士の方へアピールが出来たのではないかと感じています。初めての発表で質問の内容に対して適確な返答が出来ませんでしたが、とても貴重な経験が出来ました。今回の経験を今後の業務や対外活動に活かしていきたいと思います。

                                  ≪後記:佐藤 友樹≫

 

演 題 :当院の腰椎疲労骨折の取り組みについて

発表者:高野 駿之介 (理学療法士)

 今回初めての学会発表ということで緊張はしましたが大ホールで発表をし、良い経験となるとともに、当院の強みである腰椎疲労骨折の取り組みについてアピールできたと感じています。また、他の病院は研究発表であったり、様々な種類の演題があり、たくさんの知識と刺激を受けることができましたので、今後に活かしていきたいと思います。 

                            ≪後記:高野 駿之介≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和元年度スポーツ医科学研修講座 特定非営利活動法人 朝地フレンドクラブ 講師のご報告

2020/02/18

期 日:2020年2月15日(土) 10:00~11:30

場   所:特定非営利活動法人 豊後の大地

内 容:テーマ:「スポーツ外傷・障害予防のコンディショニング」

講 師:高司 博美(理学療法士 日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー)

        

 

昨年に引き続き、今年度は実技を多くという希望に沿って、ストレッチ、コアトレーニング、コーディネーショントレーニング(リズムジャンプも含む)などで、関節可動域、姿勢、正しい体の使い方などを身に着けてもらうよう行ってまいりました。最初はできないことも回数を重ねればできていく様子をみて、どの年齢にも、伸びしろはあり、限界を決めるのは自分自身だと思いました。今後もスポーツを楽しめる環境が広がっていき、何かお役に立てればと思いました。                  ≪髙司 博美≫

令和元年度チーム大分ジュニアアスリート発掘事業 講師のご報告

2020/02/7

期 日:令和2年2月1日(土)

対   象:育成選手 22名(中学1年生)

場   所:別府大学 第2体育館

テーマ:運動能力開発プログラム『SAQトレーニング②』

演   者:日本スポーツ協会 AT  健康運動指導士 川野 達哉

 

 

未来のトップアスリートを対象に、SAQトレーニング(実技)の講師をさせて頂きました。講義のなかで体幹やバランスなど意識する事で、参加選手の動きが変化しいくのを感じる事ができ指導していて、とても楽しく感じました。今後もこの発掘プログラムで習った事を継続し、大分から世界へ羽ばたくアスリートになって欲しいと思います

                    (後記:川野 達哉)

2019 JFAエリート・フューチャープログラム U-13 トレーニングキャンプ後期 帯同報告

2020/02/3

期 日:2019年12月18日(水)~12月22日(日)

会 場:大分スポーツ公園

帯同トレーナー: 日本スポーツ協会AT 理学療法士 高司 博美

            日本スポーツ協会AT 健康運動指導士 川野 達哉

 

写真は主催者側の意向により掲載できません。

 

今回、JAFのU-13(育成年代)の選抜選手のトレーニングキャンプの帯同の機会をいただき、大分県サッカー協会トレセン活動や、国体での活動にもいかせるようにと取り組んでまいりました。指導者、選手や帯同ドクター、その他のサポートメンバーとの関わりの中で、それぞれの思いとプライドを持った仕事を拝見し、大変刺激になりました。大分県から多くの代表選手が育っていけるよう、今回の経験をいかし、臨床や現場でしっかり取り組んでいきたいと思います。                  《後記:高司 博美》

 

今回初めて、JAFのU-13(育成年代)の選抜選手のトレーニングキャンプに前半の2日間帯同させて頂きました。メディカルチェックやトレーニング中の怪我の対応、日々のコンディショニング管理など、帯同ドクターと協力して、自分なりに精一杯行ってきました。また、選手と積極的にコミュニケーションをはかり、育成年代に必要な食育やセルフコンディショニングの重要性などを、アドバイスしました。トレーナーとして大変貴重な経験ができ、これからの活動にも活かしていきたいと感じました。      
                                    《後記:川野 達哉》

 

第10回 日本健康運動看護学会 学術集会 ポスター発表のご報告

2019/12/27

期 日 :2019年12月14日(土)

会 場 :千里ライフサイエンスセンター(大阪府)

演 題 :少子化地域におけるスポーツ傷害予防に向けた取り組み

発表者:小原 優希 (看護師)

 

今回、「傷害予防に向けた取り組み」について、ポスター発表致しました。内容としては、健康スポーツナースならびにメディカルマネージャーとして、スポーツ障害や外傷時の対応の実際について報告うしました。他県の健康スポーツナースより、実際にメディカルマネージャーの取得方法や、現場で関わっていくにはどうしたらよいかなど質問を頂き、有意義な意見交換ができました。今後もスポーツナースとして子供の発育・発達段階や健康レベルを理解した上で、安心・安全にスポーツが継続できるようサポートしていきたいと思います。  ≪後記:小原 優希≫

 

第32回 九州・山口スポーツ医科学研究会 学術集会 発表のご報告

2019/12/28

期 日 :2019年12月7日(土)

会 場 :福岡大学病院

演 題 :成長期サッカー選手におけるアスレティックリハビリテーション
     ~当院の3年間の傷害調査をもとに~

発表者:吉田 渉(理学療法士)

今回初めての学会発表をさせて頂きました。内容としては、3年間の傷害調査をもとに各年代別のスポーツ外傷・障害の発生数や特徴に加え、各年代に必要とされるアスレティックリハビリテーションについて発表しました。膨大なデータ分析や限られた時間の中で簡潔に発表するということの難しさに苦労しましたが、非常に良い経験となりました。この貴重な経験を今後の臨床に活かしていきたいと思います。
≪後記:吉田 渉≫

 

第32回 九州・山口スポーツ医科学研究会 学術集会 発表のご報告

2020/01/8

期 日 :2019年12月7日(土)

会 場 :福岡大学病院

演 題 :当院におけるフィールドを活用したアスレティックリハビリテーションの取り組み

発表者:藤田 冴子(理学療法士)

 

当院にて行っているフィールドを活用したアスレティックリハビリテーションについて発表致しました。九州規模では初めての発表となりましたが十分に当院のアスリハについてアピールできたと感じています。特に競技特性を考慮して経験者が指導に当たることでより専門性の高いメニューを提供できていると発表を通して改めて感じました。質疑もレベルが高く、非常に勉強になりました。もう少し内容を詰めて、来年度は全国学会へ挑戦したいと思っています。≪後記:藤田 冴子≫

 

第32回 九州・山口スポーツ医科学研究会 学術集会 発表のご報告

2019/12/24

期 日 :2019年12月7日(土)

会 場 :福岡大学病院

演 題 :当院における小学生を対象として運動遊びを取り入れたリハビリテーション

発表者:渡邉  美奈(健康運動指導士)

今回が初めての学会発表となりました。これまでの競技スポーツに対して特化した運動療法だけではなく、運動に対してあまり馴染みのない子どもたちでも楽しくリハビリを行うことができるよう、運動遊びをもとに行なってきた取り組みについて発表をいたしました。発表内容に対し、整形外科としてのリハビリだけでなく他職種からの視点のアドバイスをいただくことができました。子供達が怪我をきっかけに運動への興味が湧くような、運動療法を提供していきたいと感じました。

≪後記:渡邉 美奈≫

第32回 九州・山口スポーツ医科学研究会 学術集会 発表のご報告

2019/12/28

期 日 :2019年12月7日(土)

会 場 :福岡大学病院

演 題 :成長期スポーツ傷害防止システム ~メディカルマネージャー制度~

発表者:中村 友 (理学療法士)

今回初めて九州山口スポーツ医科学研究会に参加させて頂きました。今回の学会のテーマが成長期スポーツ障害であったため、私の発表演題が主題として選ばれ、6分の口述発表と30分の討論会でした。発表は聞き取りやすいように意識し、無事に終えることが出来ました。座長の先生からも素晴らしい取り組みと言っていただき、ディスカッションでは、時間の関係上かなり短縮されており、言いたいことが言えず、思ったディスカッションとはなりませんでしたが、とても貴重な経験をさせて頂きました。今回の経験を今後の業務や対外活動に活かしていきたいと思います。  
≪後記:中村 友≫

第32回 九州・山口スポーツ医科学研究会 発表のご報告

2019/12/28

期 日:2019年12月7日(土)

会 場:福岡大学病院

演 題:腰椎疲労骨折(成長期腰椎分離症)のCT進行度分類と治療方針

演 者:医療法人 大場整形外科

        大分スポーツリハビリテーションセンター

                   大場 俊二

 

当院が新たに作成した進行度分類と治療方針を紹介しました。

                      <後記:大場 俊二>

 

1 2 3 4 5 16