第5回OSRスポーツコンディショニングセミナーのご報告

2017/06/25

 

第5回 OSRスポーツコンディショニングセミナーのご報告

期日:2017年5月27日(土)18:00~19:30

会場:大分スポーツリハビリテーションセンター

演題:スポーツリズムトレーニング

~リズム感を高めることで運動能力を向上させる今話題のトレーニング ~

講演者:津田 幸保 先生(美作大学)

 

 

 

当院でも既に取り入れているスポーツリズムトレーニングは、プロスポーツ界では、読売ジャイアンツや横浜ベイスターズなども取り入れています。

津田先生は「このトレーニングは、音楽に合わせながら体を動かすことでリズムの感受性を高め、筋肉の収縮・弛緩を上達させることでパフォーマンスの向上や障害予防に繋がる」と説明されていました。また、実技では、簡単なステップから向上心を掻き立てるような複雑なステップまで行い、参加者の皆さんは、頭を抱えながらも楽しそうに笑顔で取り組まれていました。

今回のセミナーで得た知識を、今後の当院のアスレチックリハビリテーションに繋げていきたいと思います。

                                ≪後記:河野 吉喜≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4回 OSRスポーツコンディショニングセミナーのご報告

2017/05/18

詳細は以下の通りです。 

 

期日    :2017年4月22日(土)18:30~20:00

会場    :大分スポーツリハビリテーションセンター

演題    :エネルギー摂取によるパフォーマンス向上と障害予防~アスリートの貧血はカロリー不足で生じる~

講演者:松田 貴雄 先生(日本体育協会公認スポーツドクター)

 

 

 

 

 これまで松田先生がこれまでみられてきた、選手や患者さんの事例からスポーツ選手や成長期の子どもにカロリー不足が引き起こすリスクや、適したカロリー摂取によるパフォーマンス向上や怪我の予防、また豊かな発育に繋がる事を話して頂きました。

 本セミナーの中で「子どもに朝ごはんを食べさせる大切さについて、バランスの良い朝食を摂るのに超したことはないが、毎朝はお母さんも大変と思うから、大変な家庭は何でもよいから朝食べる習慣を作りましょう」という話があり、発育期の保護者や選手にとっても取り組みやすいことではないかと思いました。

しっかりカロリー摂取を行い、パフォーマンス向上や豊かな発育を築いていきましょう。

                                      ≪後記:河野 吉喜≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成28年度 ジュニア選手発掘支援事業 「楽しく遊んで バレーボールスクール」にて当院管理栄養士の寺山 絵未が講演致しました。

2017/03/24

 会 期: 2017年3月4日(土)

会 場: 別府市民体育館

演 題: 「スポーツと栄養について」

演 者: 管理栄養士 寺山 絵未

 

 

 

今回、成長期のお子さまの保護者の方々に「食事による栄養補給の考え方」を紹介し、家庭でも実践しやすい「白ご飯の量の決め方」や「食事の組み合わせ方」について講演しました。日々の食生活に取り入れて頂き、成長期スポーツ選手の健康増進・競技力向上に繋がって欲しいと思いました。                                              

                                 ≪後記:寺山 絵未≫

 

 

 

 

 

平成29年 全日本実業団自転車競技連盟 主催 「チームアテンダント講習会」にて当院管理栄養士の寺山 絵未が講演致しました。

2017/03/24

会 期: 2017年2月4日(土)

会 場: 品川区大崎第一区民集会所

演 題: 「アスリートの栄養」

演 者: 管理栄養士 寺山 絵未

 

 

 

今回、全日本実業団自転車競技連盟主催の「チームアテンダント講習会」にて、監督・コーチや現役選手の方々を対象に「食事の基礎」・「試合時の食べ方」・「水分補給」・「サプリメント」について講義致しました。

特に自転車競技の選手・スタッフの方々が、現場にて「最適な栄養摂取」の選択が出来るよう説明しました。今後の健康増進・競技力向上に繋がっていけたらと思いました。

                                    ≪後記:寺山 絵未≫

 

 

 

第19回大分県理学療法士学会にて、当院 理学療法士 伊東 健太が発表致しました。

2017/03/24

 会 期: 2017年3月5日(日)

会 場: B-con Plaza

学会名: 第19回大分県理学療法士学会

演 題: 障害予防の取り組み~Mマネ制度を大分県から全国へ~

演 者: 理学療法士 伊東 健太

 

 

今回、Mマネ制度の取り組みについて発表させて頂きました。2017年より日本メディカルマネージャー協会での本格的な運用が開始するという事を今回のメインテーマとしてMマネの紹介を行いました。これからも、Mマネシステムやチームケアシステムなどのハード面への取り組みもそうですが、認知・普及への取り組みも平行して行っていかなければならないと改めて実感しました。今年度は、Mマネの取り組みを更に加速させていけるよう努力していきたいと思います。                                                                         ≪後記:伊東 健太≫

 

 

平成28年度「チーム大分ジュニアアスリート発掘事業の運動能力開発プログラム」を当院健康運動指導士・日体協ATの川野達哉が実技致しました

2017/03/12

日 時: 2017年2月18日(土)

会 場: べっぷアリーナ

演 題: 運動能力開発プログラム 「SAQトレーニング」

講演者: 健康運動指導士・日体協AT 川野 達哉

 

 

今回、ジュニアアスリート発掘事業の一環で、SAQトレーニングの実技をさせて頂きました。実技で行った体幹トレーニングやラダートレーニングが、今後のスポーツ活動に活かされ、大分県を代表する選手に成長して欲しいと思いました。

                  ≪後記:川野 達哉≫

 

 

 

日本医療マネジメント学会 第17回大分県支部学術集会 発表のご報告

2017/03/12

 会 期: 2017年2月18日(土)

会 場: 臼杵市中央公民館

学会名: 日本医療マネジメント学会 第17回大分県支部学術集会

演 題: 当院の交通事故対応の取り組み

演 者: 医事課 大石 梨沙

今回、医事課として初めて学会発表に臨み、日本臨床整形外科学会編集「Q&A

ハンドブック 交通事故診療」に沿った、当院の交通事故対応の取り組みについて紹介しました。

他院の医師及びコメディカルの方々に、当院の取り組みを知って頂く良い機会に

なったのではないかと感じています。今後も情報収集を行い、真摯に対応を行って

いきたいです。                                                               ≪後記:大石 梨紗≫

 

第3回 OSRスポーツコンディショニングセミナーのご報告

2017/03/8

詳細は下記のとおりです。

 

期日:2017年1月28日(土)18:30~20:00

会場:大分スポーツリハビリテーションセンター

演題:サッカー選手に必要なフィジカル&クーリングダウン

講演者:小椋 一慶 先生(九州総合スポーツカレッジ)

 

 

 

数々の素晴らしい経歴をお持ちの小椋先生をお招きし、選手も指導者もどちらが聞いても勉強になる講演を実施して頂きました。講演の後半では、コンディショニング方法の実技もあり、90分では物足りない内容となりました。

≪後記:河野 吉喜≫

 

 

第38回九州理学療法士作業療法士合同学会 発表のご報告

2016/12/9

日     時:   11月12日~13日

会     場:  鹿児島市民文化ホール

学 会 名:  第38回九州理学療法士作業療法士合同学会

演    題: スポーツ障害防止システム―メディカルマネージャー制度―  

講 演 者: 牧 健一郎(理学療法士)

2016ptot-2  2016ptot-1

今回、メディカルマネージャーについてポスター発表を行い、多くの方々が熱心に耳を傾けてくれました。 メディカルマネージャーの取り組みに賛同・協力する方を増やし、九州から全国へ拡大していきたいと思います。                        

                  ≪後記:牧 健一郎≫

第3回大分県スポーツ医科歯科研究会 記念講演会 発表のご報告

2016/11/27

img_1614  img_1615

詳細は下記のとおりです

期  日:平成28年11月12日(土)

会  場:大分県消費者生活・男女共同参画プラザアイネス 大会議室

演    題: 当院の国体医科学サポートの取り組み

講 演 者: 健康運動指導士・日体協公認AT 川野 達哉

 

今回、当院の国体のメディカルサポートについて発表し、当院の国体への取り組みを広く知って頂く、良い機会となりました。また、歯科の立場からのスポーツ医学について、学ぶ事ができ大変参考になりました。

                                        ≪後記:川野 達哉≫

1 2 3 4