院長挨拶・紹介

院長挨拶

doctor

院長 大場俊二

スポーツ整形外科としての専門的診療地域に密着した整形外科・リハビリ診療

当院は上記2点を柱とした有床診療所で、MRI・CT・DXA(骨密度測定装置)などを装備し、外来から入院手術・アスレティックリハビリテーションと、早期治癒、早期復帰を目指した一環診療を、年末年始を除き年中無休で行っています。
 付属施設の大分スポーツリハビリテーションセンターでは、成長期、一般スポーツ選手のサポート・研修を、また、成人のメタボリック・シンドローム対策、高齢者のロコモティブ・シンドローム対策、転倒予防、介護予防など様々なプログラムを作成し、実施しています。青少年の健全育成・中高年のクオリティーオブライフの向上を目指し、日々、スタッフ一同努力致しております。

院長略歴

昭和29年 大分県久住町(現:竹田市)生まれ
大分上野丘高校出身

昭和55年 日本医科大学(東京都文京区)卒業
日本医科大学整形外科学教室入局
日本医科大学付属病院勤務
昭和56年 日本医科大学大学院入学(整形外科学専攻)
昭和60年 日本医科大学大学院卒業(博士過程終了)
山形県北村山公立病院
(県立リハビリテーションセンター併設)勤務
昭和62年 日本医科大学付属病院への復帰
平成元年 大分市明野に整形外科クリニック開設
平成17年 大分スポーツリハビリテーションセンター設立
平成19年 大分市明野北に新築移転
平成22年 日本医科大学連携教授就任

役職

専門:スポーツ整形外科

  • ◎日本医科大学連携教授
  • ◎日本整形外科スポーツ医学会評議員
  • ◎日本臨床スポーツ医学会評議員
  • ◎九州・山口スポーツ医科学研究会運営委員

成長期スポーツ外傷・障害、特にサッカー選手の健康管理などを中心に活動している。

専門医・認定医

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会健康スポーツ医